試作向けレイアウト事例

生産量の想定が不確定の場合など、
当初から全自動装置を導入するのではなく、
小型装置で構成し、コストを抑えながら、
試作・少量生産する一例です。

【メリット】

1)各工程の処理条件の変更が可能
2)汎用標準装置の組合わせの為、低コスト

用途 ハードコート試作
フロー事例 中性洗浄→純水洗浄→リンス→液切り乾燥
→ディップコート→溶剤乾燥→UV硬化
想定作業人員 2名
設置面積 3,500×2,500mm

クリーンブース内レイアウト構想図

レイアウト構想図