ドライ洗浄について

ディップコーティングは、ワーク(コーティング対象物)と液の表面張力を主に利用してコーティングする為、ワークの親水処理は重要です。

前処理については、湿式洗浄(ウェットプロセス)、乾式洗浄(ドライプロセス)に分けられ、UVオゾン洗浄やプラズマ洗浄、超音波洗浄などがあります。
ここでは、ディップコーティング前処理として簡易に導入可能なUVオゾン洗浄についてご説明します。

UVオゾン洗浄の原理は、低圧水銀ランプ(UVランプ)から発するUV(紫外線)の短波長光エネルギーが、基盤表面上の有機汚染物質の結合を分解するといったものです。
また、同時に紫外線により発生したオゾンから分離した活性酸素(O)が、有機汚染物質と化学的に結合し、二酸化炭素や水などの揮発性物質に分解反応させて除去します。

1) 洗浄処理前

洗浄処理前 イメージ

2) UV照射

UV照射 イメージ

UVランプから照射される184.9nmの波長の紫外線により、酸素分子が分解され、酸素原子が生成されます。また有機汚染物質の結合も分解されます。

3) UV照射

UV照射 イメージ

分解された酸素原子が、大気中のO2(酸素分子)と結合し、O3(オゾン)が生成されます。

4) UV照射

UV照射 イメージ

発生したO3(オゾン)に253.7nmの波長の紫外線が、照射されるとオゾンは分解され、励起状態のO-(活性酸素)が生成されます。

5) 汚染物質除去

汚染物質除去 イメージ

2)~4)が同時に繰り返され、活性酸素が豊富な状態になり、生成された活性酸素は、基板上の汚染物質C(炭素)と結合し、CO2等の揮発性物質になり除去されます。

コーティング前のワーク洗浄について2

UVオゾン洗浄の詳細については、こちらから