ディップコーティング前のワーク洗浄について

ディップコーティングの工程において、洗浄工程を欠かすことはできません。
コーティング対象物が汚染されている場合、濡れ性、密着性などの膜特性が著しく低下することがあります。
洗浄工程とディップコート工程を別々のユニットにしてしまえば、洗浄後の再汚染リスクがあり、量産用装置については、一体の装置をお勧めしております。

洗浄工程は、ドライ洗浄からウェット洗浄など最適な洗浄方法をご提案いたします。

ディップコーティング装置 イメージ