ソリューション

離型剤

主としてフッ素系の精密金型向け離型剤をご提案します。

活性基が、精密金型の表面と化学結合し、2~6ナノメートルの単分子膜を形成することにより、精密金型の微細構造を埋めることなく、連続したショットを実現します。

用途は、熱ナノインプリント、光ナノインプリント双方に使用可能で、材質も硝子、シリコン、石英、金属(Ni電鋳など)にご利用可能です。

離型剤 イメージ

ワークの洗浄について

ワークの洗浄 イメージ

ワークの洗浄は、プラズマ洗浄、コロナ洗浄など各種ありますが、ワークへのダメージを考慮し、紫外線洗浄(UV洗浄)をご提案いたします。

低圧水銀ランプを用い、184.9nmと253.7nmを主波長とした紫外線(UV光) による洗浄表面改質や、エキシマランプ(Excimer Lamp)を用いた主波長が172nmの紫外線による光洗浄により、精密金型(ワーク)表面の有機物を除去し、親水性を向上させ、離型剤の密着性を向上させます。

【表面のダメージ】

表面のダメージ イメージ

試験条件
ランプ : 110W合成石英製ランプ
サンプル : ABS樹脂
照射時間: 30秒
照射距離 : 10mm

離型剤コーティング装置

精密金型(ワーク)の洗浄から、離型剤のコーティング、定着までの一連のフローを全自動化し、コンタミの除去、歩留まりの向上、コーティング液の節約などを図ること可能です。

【フロー図】

離型剤コーティング装置 フロー図
装置事例 DIP/UV洗浄一体型装置 イメージ
装置名 DIP/UV洗浄一体型装置(ナノインプリント離型剤コーティング用)
装置サイズ W1500×D800×H1500 ※突起物を除く
ワークサイズ 幅100mm以下の立体物
工程 ウェット洗浄→UV洗浄→離型処理→定着乾燥→リンス処理
制御速度 10~200mm/sec
UVランプ 低圧水銀ランプ 110W 一灯
UV波長 184.9nm、253.7nm
照度調整 ランプとワークの距離を10~50mmの間で調整
ユーティリティ 3φ AC200V 10KVA 30A
ドライエアー 0.5MPa

【本装置は、ご希望の仕様に合わせ、オーダーメードが可能です。お気軽にご相談ください。】

評価装置(接触角計)について

離型剤の耐久性は、環境下によって異なるため、簡易に単分子膜の状況を評価する装置が必要です。

当社では、これまでの接触角計を撥水評価という目的に特化することによって、導入コストを従来より大幅に低減した装置をご提供します。

接触角計/ぬれ性評価装置

接触角計/ぬれ性評価装置  イメージ
  • 離型処理の評価だけでなく、UV洗浄後の評価にも最適。
  • 軽量コンパクトで、お求め安い価格
  • 解析ソフトウェアが標準装備。
  • 取り込んだ画像を自動認識、解析するので、作業者による測定誤差がありません。
  • 取り込んだ画像は、データとして保存。ログ解析にも利用できます。
  • オプションで表面自由エネルギー計算ライセンスもご準備しております。

※パソコンはオプションです。セットをご希望の方はご相談ください。

UV洗浄後の表面の清浄度を評価する手段としては、水滴を表面に滴下して水に対する濡れ性(接触角)を測定する方法が、簡便で短時間に評価できることから、一般的に用いられています。

当該装置は、解析ソフトウェアを標準で装備し、接触角をリアルに測定できます。

項目 仕様
型式 CAME3
接触角測定
測定範囲 0~180°
表示分解能 0.01°
動作環境
対応OS Windows XP/Vista/7 ※1
ディスプレイ 1024×768以上
インターフェイス USB2.0
試料ステージ
試料寸法 W80×D80×t8 (mm)
試料最大重量 500g
本体寸法 W140×D260×H253 (mm)
本体質量 2.3kg
電源 ACアダプター (AC100V)

※1 いずれも日本語版32bit