ハードコート開発事例 Ⅰ

グラス向けハードコート開発事例

顧客の悩み
  • 今まで、ハードコート処理は外注だったが、加工装置を導入してハードコートされた素材を販売したい (収益アップ)。
  • でも、どこの装置とハードコート剤を選んだら良いのか分からない・・・。
  • 設備投資を抑えたい。
    設備導入から製造・販売までの期間を短くしたい。
ステップ1 コーティング液の選定
ステップ2 コーティングレシピの最適化
ステップ3 サンプル出荷を行い、さらなるレシピの最適化
ステップ4 量産装置の仕様決定

約半年間で各問題をクリア

素材の耐薬品性にマッチしておらず、表面が白化
  • 防汚成分の合成技術と配合技術で、素材の性質にあったコート剤を開発
加工装置に対する適正がなく、外観不良
  • コーティング液メーカーと協業
    • 加工装置の改良
    • 配合技術
  • コート剤のレベリング調整
  • コーティング液メーカーと協力し、早期に顧客が求める製品を製造できるコート剤およびプロセスを開発

当社推奨のPC用ハードコーティング剤は、優れた耐摩耗性、防汚・防曇性とディップコーティングに対応した高いレベリング特性を有しています。

防汚・防曇性とディップコーティングに対応した高いレベリング特性