ディップコート法によるARコーティング

ARコーティング

AR(Anti Reflection、反射防止)コーティングとは、
レンズなどの表面反射を抑えるためのコーティングの種類で、
主なコーティング手法としては蒸着によるものがあります。

弊社では、ディップコートによるウェットでのARコーティングをご提供します。

ディップコート法のメリットとしては、

1) 量産性
2) 装置価格の低減
3) 小ロット対応可能
4) 蒸着塗工と比べて作業効率UP
5) 多層膜への対応
6) 複雑形状への対応
(大口径ガラス管外周・内周、レンズアレイ:実績あり)

などのメリットがあります。

実績、反射率データについては弊社営業技術部までお問い合わせ下さい。

引上げ方向

【処理事例1】

ワークサイズ: φ70
材質: ウレタンレンズ 屈折率 1.60
HC剤屈折率 1.63、ARコート屈折率 1.3
処理装置: R&D用小型ディップコーター
膜厚測定: 反射分光式膜厚計
ポイント 膜厚(nm)
A 112.6
B 116.5
C 120.2
D 115.0
E 109.9

【処理事例2】

《 透過率データ 》

透過率チャート